熱処理事業

長年培ってきた技術と経験を生かして

昭和27年3月に高周波焼入設備を小野田工場内に設置。同年操業を開始しました。
平成16年山口テクノパークに 熱処理工場新設(山陽小野田市から移設)しました。

(株)長門製作所・熱処理事業として、素材及び機械加工部品の焼入れ・焼もどし(調質)、 焼ならし(焼準)、焼なまし(焼鈍)、成形品の高周波・中周波焼入れ、 イオン窒化処理、アルミ合金の溶体化処理(T6)、 高周波焼入用コイルの製作等を行なっています。

クレームにも迅速に対応

クレームが発生した時にこそ、 初めて会社の本質がわかります。 当社では全社員一丸となってクレームの根絶に取り組んでいます。
万が一に発生した時には北海道から沖縄まで 出向き、誠心誠意、クレームの解決に努力します。

安心・安全・清潔

製品の管理と作業の安全性。整理整頓、清潔な職場づくり。
良い製品は清潔な工場から生まれると確信しています。